失敗しない骨伝導集音器の選び方とおすすめ11選

骨伝導集音器 選び方 おすすめ

失敗しない骨伝導集音器の選び方とおすすめの骨伝導集音器をご紹介しています。骨伝導集音器の購入で失敗しないためには自身の聴力や難聴の種類を理解することが大切です。骨伝導集音器を使って聞こえの改善がみられるタイプの方なら補聴器代わりとしてコスパよく、有効活用できますね。

当サイトでは、骨伝導集音器の選び方とおすすめ情報を詳しく紹介しています。使う方の用途に合った骨伝導集音器を選びに役立てることを願っています。是非、お役立てください。

シゲ

歳のせいか、テレビの音が聞こえにくくて、テレビの音量を大きくしてたら、家族に音が大きすぎるから小さくしてって言われるんだよ

キヨ

あんた、そりゃ仕方ないことだよ。家族に迷惑はかけられないからイヤホンとかしてみたらどうなんだい?

シゲさん

そうなんだよ。だからさぁ、ネットでポケット集音器買ったんだよ。そしたらさ聞こえるは聞こえるんだけど長時間使ってるとさぁ、耳の穴が痒くなるし、痛くなるわで着けるの嫌になっちまったよ

キヨ

そうなのかい。そりゃあんた、集音器選びの失敗じゃないのさぁー。そういえば、裏の町会長のゲンさんも耳が悪くてさ、耳に入れない集音器で骨伝導がどうとかって言ってたの思い出したよ。ちょっとシゲさん、行って聞いてきなよ。ホント嫌だねー

目次

骨伝導集音器を選ぶに前に

骨伝導集音器についてまずはじめにお伝えしておかなくてはいけないのは、骨伝導集音器を使用できる対象者についてです。骨伝導集音器を使用して聞こえを改善できるのは一部の方のみです。

一般的に内耳、聴神経に異常がある感音性難聴には、骨伝導は使えません。買ってから効果がなかった!失敗した!となる前に自分が使えるかどうかをあらかじめ知っておく必要がありますよね。

骨伝導集音器は特殊な機器ですので難聴の疑いがあるなら、まずは耳鼻科医師に相談のうえ検討してくださいね。

難聴の種類について

難聴と言っても種類があるのを知っていますか。耳の聞こえの悪さにも当然個人差があり、難聴の程度も様々です。そして難聴も症状によって種類が分けられます。

感音性難聴

感音性難聴は、内耳や聴神経に障害がある難聴の一種です。感音性難聴では、内耳や聴神経の障害により、音が適切に処理されず、聞こえづらくなります。感音性難聴の場合、骨伝導集音器は効果が望みにくいため、他の手段を検討する必要があります。

伝音性難聴

伝音性難聴は、耳の外側から内側にかけての経路に障害がある難聴の一種です。例えば、中耳炎や鼓膜の損傷などが原因で起こることがあります。伝音性難聴の場合、骨伝導集音器は効果があります。なぜなら、骨伝導集音器は振動を通じて音を伝えるため、内耳や聴神経に直接音を届けることができるからです。

混合性難聴

混合性難聴は名前からもわかるように伝音性と感音性どちらの症状もある難聴です。伝音性の症状が大きく、聴覚神経に異常がなければ骨伝導が適用しますが、感音性の症状が強ければ聴覚神経の機能低下が予想されるので骨伝導でうまく音の伝達ができない可能性が高いです。どちらの症状が強いかは人によりことなり、おもに加齢にともなう老人性難聴が該当します。

難聴は大きく分けてこの3種類です。難聴の種類の中で一般的に多いのが感音性難聴です。そしてその中でさらに軽度難聴、中度難聴、高度難聴、重度難聴と聞こえの程度がわかれます。軽度は難聴に入る段階ですのでまだ日常生活で極度に聞こえないとまではなりにくいですが、不便に感じることが出てきます。重度になるとほとんど音を聞くことができなくなるのでなんらかの補助が必要です。

骨伝導集音器の仕組み

骨伝導集音器の音を伝達する仕組みは側頭骨に振動板と呼ばれる端子を当てて振動させ、内耳の蝸牛に送りそこからさらに聴覚神経を経由して脳に伝えます。振動板を側頭骨に当てることで側頭骨を振動させ、中耳にある蝸牛内のリンパ液を揺らして音を伝達させています。

そのため聴覚神経での聞きとる能力が重要になり、一般的には45dB以内の骨伝導聴力であること、難聴の診断とまでは至らない軽度であることが使用に適しています。

一方で、聴覚神経での聞きとりが悪くなるとうまく音声の聞きとりができない為、骨伝導の適用は望めません。そして伝音性の難聴であれば手術で治せる場合もあります。もし骨伝導集音器を使用するのであれば念のため耳鼻科医師の診察を受けるのがおすすめです。

骨伝導集音器の適用について

感音性難聴と伝音性難聴は、聴覚障害の二つの主なタイプです。これらの違いを理解するために、骨伝導集音器について考えてみましょう。

骨伝導集音器は、聞こえにくさを補うために使用される機器です。骨伝導集音器は、音を集めて増幅する機能を持ちます。骨伝導集音器は、骨伝導を利用して音を伝えるため、外耳や中耳をバイパスします。これにより、聴覚神経に異常がない伝音性難聴の人々にとっては有効なツールとなります。

伝音性難聴は、中耳の問題によって引き起こされる聴覚障害です。例えば、鼓膜の損傷や耳管の閉塞などが原因となります。伝音性難聴の場合、外部からの音がうまく伝わらず、小さい音は聞こえにくくなります。骨伝導集音器は、このような状況で効果的に音を伝える役割を果たします。

感音性難聴は、内耳や聴覚神経の問題によって引き起こされる聴覚障害です。内耳の蝸牛や聴神経の異常が原因となります。感音性難聴の場合、内耳や聴神経の異常により、音を正しく認識することができません。骨伝導集音器の適用には、聴覚神経の状態に大きく左右されるので効果が期待できません。

骨伝導集音器は、伝音性難聴に対しては効果的な補聴手段として利用されています。しかし、伝音性難聴の場合には他の補聴方法や治療が必要となることがあります。

感音性難聴と伝音性難聴は、異なる原因とメカニズムによって引き起こされる聴覚障害です。骨伝導集音器は、伝音性難聴の補聴に有効であることが確認されていますが、感音性難聴には基本的に有効ではありません。適切な補聴方法や治療を選択するためには、医師や専門家の助言を受けることが重要です。

感音性難聴と伝音性難聴の違いについて

難聴の種類

感音性難聴と伝音性難聴は、難聴の種類の一つです。感音性難聴は内耳や聴神経の障害によって起こります。一方、伝音性難聴は外耳や中耳に異常があることで引き起こされます。

発生原因

  • 感音性難聴の主な原因は、内耳や聴神経の形態異常や先天的な問題です。
  • 伝音性難聴は中耳炎や外耳道閉鎖などが主な原因とされています。

症状

  • 感音性難聴では、高周波域の音が特に聞き取りにくくなる傾向があります。言葉の明瞭度の低下が起きて聞き間違いが増えることや小さな電子音が聞こえなくなる、鈍く消えてしまうような音質異常もみられることがあります。
  • 伝音性難聴では、音量が低くなる傾向があります。

治療方法

  • 感音性難聴に対しては、手術をおこなうなど効果的な治療法というものが明確にはありません。そのため補聴器の使用をされるのが望ましいです。内耳や聴神経の障害によって引き起こされる感音性難聴に対して、聞こえの改善を図る役割を果たします。
  • 伝音性難聴は、耳の外科的な処置(手術)や薬剤投与をすることで聴力が回復する可能性が高いです。

予防方法

感音性難聴、伝音性難聴ともに先天性などもあるので的確に予防するのも難しいですが、過度な騒音やストレスを避けることが重要です。また、耳栓やヘッドフォンの適切な使用も注意が必要です。中耳炎や外耳道閉鎖などの発生や進行の原因となる要素を避けることが大切です。

必要なケア

感音性難聴や伝音性難聴においては、早期の発見と適切なケアが重要です。定期的な耳の検査や専門医の診断を受けることで、早めに治療や支援策を行うことができます。

人工内耳への適応

感音性難聴に対しては補聴器が有効ですが、重度の感音性難聴や薬物療法が効果的でない場合には人工内耳が考慮されることがあります。人工内耳は感音性難聴への適応が基本です。

骨伝導集音器と骨伝導補聴器の種類と違い

骨伝導集音器と骨伝導補聴器で大きく違う点がありますのでここで説明したいと思います。

骨伝導集音器

  • 一般大衆向けの家電製品である
  • Bluetoothが内蔵された物がある
  • インターネット通販でも購入できる
  • 充電式が主流
  • 価格帯が安価である

骨伝導補聴器

  • 難聴を補う医療機器である
  • 無線接続の機能はない
  • 補聴器販売店で購入する
  • 充電式はなく電池式になる
  • 価格帯は集音器と比べて高価になる

骨伝導補聴器と骨伝導集音器はいずれも耳穴を塞がずに装着しますが、扱い方にずいぶんと違いがあります。骨伝導補聴器ではメガネ型が主流なのに対して、骨伝導集音器はメガネ型ではなく、集音器型が主流です。

骨伝導集音器は近年ではワイヤレス機能が付いている物が増えてきています。ワイヤレス通信で音楽プレーヤーと連動させるなどの使い方も可能です。骨伝導補聴器はワイヤレス機能は付いていません。

音を伝達する仕組み自体は同じですが骨伝導補聴器は難聴を補う医療機器に該当するのに対して、骨伝導集音器は一般的な家電製品として市販されています。購入先も集音器は通信販売で簡単に買えるのに対して、骨伝導補聴器は適応する人口から割り出される需要の少なさから販売されているメーカー自体少なく、取り扱いがある販売店のみでしか購入できません。

※骨伝導集音器は名前の通り集音器ですので難聴をおぎなうという面においては骨伝導補聴器よりも劣ると考えておいてください。難聴ということで医師より診断をされているということであれば集音器より補聴器の使用を考えるのがいいでしょう。

骨伝導集音器のおすすめ11選

骨伝導集音器のおすすめ商品をご紹介します。選ぶときには機能性をみるのがいいでしょう。補聴器とは違い集音器では種類ごとの違いはあまり明確にはわかりにくいですが、ノイズ キャンセリングが付いていたり、テレビと連動できる物、Bluetooth対応デバイスと互換性があるなど違いがあります。選ぶときにはそれぞれの機能を確認して、用途に適しているかを確認してみましょう。

ノイズ キャンセリングとは、周囲の雑音を低減する機能です。静かな環境で集中したい時や音楽を楽しみたい時に最適な機能です。

集音器付き 骨伝導イヤホン CODEON コデオンv

TVも会話も骨伝導の割にはクリアに聞こえる。アプリ不要で、自動でBluetooth接続。最大6~7時間の連続利用が可能です。マグネット充電なので、充電も簡単。

JTT Online 集音器 骨伝導 ヘッドホン USB充電式

「一般的な集音器だと使いづらい」「家族の会話が聞き取りにくい」「テレビのボリュームを大きくしないと良く聞こえない」と感じる方におすすめの骨伝導集音器です。高感度のピンマイクで音声を拾い骨伝導ヘッドフォンに伝えます。【急速充電】1時間充電すれば最大6時間連続動作可能な200mAhのリチウムポリマーバッテリーを搭載しています。

JTT Online (USB充電器付) 骨伝導 集音器 ヘッドホン Bluetooth 5.0

【Bluetooth ワイヤレス接続対応】 スマートフォンやタブレットなどにBluetoothで接続をして、音楽や電話を聞くことができる、ワイヤレス対応のヘッドフォンです。Bluetooth 5.0 対応 重さは約26g IPX5規格の防水防塵に対応。

cheero Otocarti MATE 集音器 軟骨伝導イヤホン 防水 IPX5 充電式

「Otocarti MATE」は、集音器と軟骨伝導イヤホンがセットになった商品です。 電源ONですぐに集音開始! 集音器専用の高性能チップを搭載し、「話し声が大きく聞こえる」に徹底してこだわった疲れにくい商品。

骨伝導 集音器 お年寄り会話専用 こつでんどう イヤホン型 音声拡聴器

骨伝導技術を採用し、直接頭蓋骨に音の振動を伝えることで、耳穴や鼓膜を通さず、音を聴覚神経系に伝達します。耳をふさがず会話やテレビの音が楽しめます。充電時間: 約1時間;動作時間:約5~6時間。

聴覚補助用 骨伝導 集音器 高齢者の集音器 高齢者集音器

簡単操作設計の骨伝導集音器。耳を開放しているため汗などで蒸れることなく、耳の炎症リスクがありません。1日の使用にも十分対応できる6-8時間稼働

骨伝導耳掛け式 音声拡聴器 「ボン・ボイス」(右耳用) ib-1200

集音効果は高いが、耳に挿入するタイプの骨伝導集音器です。

骨伝導耳掛け式 音声拡聴器 「ボン・ボイス」(左耳用) ib-1300

集音効果は高いが、耳に挿入するタイプの骨伝導集音器です。

骨伝導 集音器 bonein BN803

耳をふさがない デザインで、テレビ視聴も会話も楽しめます。7段階の聞こえの周波数変更が可能で、自分に最適な音質にカスタマイズできます。シンプルな設計で使いやすく、左右の個別の音量調整も可能です。

耳がきこえづらくなった方へ – ハイブリット型骨伝導補聴イヤホン集音器セット

高齢者のテレビ鑑賞におすすめの機種

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

音声拡聴器 骨伝導クリアーボイス

小さく軽量で本体はポケットへ入れてイヤホンを挿入するタイプの骨伝導集音器

伊吹電子
¥12,100 (2023/09/04 17:29時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

編集者イチオシの骨伝導集音器!

私がおすすめする骨伝導集音器は、〇〇首かけ型骨伝導集音器です。ピーピーとうるさいハウリングの発生が非常に少なく快適です。機能はシンプルで複雑な操作があまりないので高齢者の方にもおすすめできるでしょう。

骨伝導集音器のデメリット

骨伝導集音器は、一部の人にとっては聴力補正が効果的でない場合があります。聞こえの改善効果が限定されることがあります。また、個々の耳の形状や難聴の状態によっても異なる結果が出るため、全てのユーザーに対して同じ効果が期待できるわけではありません。他にもデメリットが存在するのでここでご紹介します。

装着時の不快感

骨伝導集音器は、装着部品を頭部や顔面に接触させる必要があるため、長時間使用すると頭皮や耳周りの圧迫感や疲れを感じることがあります。特に長時間使用する場合や強い装着圧を要求する場合は注意が必要です。また、一部のユーザーは装着具自体が合わず、適切なサイズや形状を見つけるまで試行錯誤する場合もあります。

風が強いと聞こえづらい

骨伝導集音器は音を伝える方法が通常の集音器と異なるため、風が強い場所では音が聞きづらくなるというデメリットがあります。風の音や背後からの騒音が逆に音楽や通話を邪魔する可能性があります。

電車も聞こえづらい

骨伝導集音器は周囲の音を取り込む性質があるため、電車内などの騒々しい環境では音声や音楽が聞きづらくなることがあります。特に混雑した車両や列車の走行音などは、通常の集音器よりも大きな影響を与える可能性があります。

音量を上げると振動が気になる

骨伝導集音器は、音を頭蓋骨経由で伝えるため、一定以上の音量にすると振動が感じられることがあります。特に低音域や重低音の場合、振動が強くなり、一部の使用者にとっては不快感を覚えることがあります。

定期的に充電が必要

骨伝導集音器は通常、バッテリーで動作するため、定期的に充電が必要です。長時間使用する場合や外出先での使用では、充電切れの心配や持ち運び時の手間が生じることがあります。

つけたまま横になれない

骨伝導集音器は耳ではなく頭蓋骨を使って音を伝えるため、横になった状態で使用すると正しい位置に装着されず、音が聞きづらくなる可能性があります。寝る前や寝っ転がりながらの使用を考える場合は、注意が必要です。

カバンの中で割とスペースをとる

骨伝導集音器は通常、通常の集音器よりも大きく分厚いデザインをしているため、カバンなどで持ち運ぶ際にスペースを取りやすいというデメリットがあります。小型化されたモデルもありますが、一般的には集音器ケースなどを持ち歩く必要があります。

値段が高いものは約3万円

骨伝導集音器は革新的な技術を採用しており、高品質な製品は一般的に高価です。一部の人々にとっては手軽に手を出しにくい価格帯であると言えますね。

骨伝導集音器のメリット

骨伝導集音器は使い手を選びますが、条件さえマッチすれば快適に使えますし、機能面でも補聴器代わりに使えることでしょう。ここでは骨伝導集音器のメリットについてお伝えしていきます。

耳への負担が少ない

骨伝導集音器は、耳をふさぐことがありません。耳に直接装着する補聴器とは異なり、骨を振動させることで音を伝えます。そのため、長時間の使用でも耳への負担が少なく、快適に利用することができます。

ハウリングが少ない

ピーピーとうるさいハウリング音が嫌で集音器を着けるのをやめた方も多いのではないでしょうか?耳に挿入するイヤホンタイプの集音器に比べてピーピーとうるさいハウリングが少ないです。

環境音を遮らない

一般的な補聴器では、装着した時に環境音が遮られてしまうことがあります。しかし、骨伝導集音器は耳を塞がずに使用するため、周囲の音をしっかりと聞くことができます。これにより、会話や外部の音にアラートを受けることができます。

耳垢や湿気の影響を受けにくい

通常の補聴器は耳内に装着されるため、耳垢や湿気の影響を受けやすくなります。しかし、骨伝導集音器は耳内に直接装着する必要がないため、耳垢や湿気の問題が軽減されます。

防水性能が高い

骨伝導集音器は、防水性能が高い製品もあります。水泳やシャワーのような水の接触がある環境でも使用できるため、アクティブなライフスタイルを送る方にも適しています。

装着感が軽量で自然

骨伝導集音器は軽量かつスリムなデザインが特徴です。装着した際に他人に目立ちにくく、自然な見た目を保つことができます。また、長時間の使用でも疲れにくく、快適な装着感を実現します。

音質の向上

近年の骨伝導技術の進歩により、音質も大幅に向上しています。十分な音量とクリアな音質で聞くことができるため、日常生活やコミュニケーションにおいて支障を感じることはありません。

補聴器に比べて安価である

集音器は補聴器と違って医療機器ではないので購入方法が簡単です。一般的に大型家電量販店やネット通販・オンラインショップ・Amazon・楽天市場などで購入が可能です。

骨伝導集音器はこれらのメリットを持ちながら、聴力補助を提供してくれます。自然で快適な利用体験を求める方や特殊な環境下で聴力補助を必要とする方には特におすすめです。是非、自分の生活スタイルやニーズに合った骨伝導集音器を選んでみてください。

まとめ:失敗しない骨伝導集音器選びで生活を豊かに

骨伝導集音器は耳あなに挿入する必要がなく、耳を塞がないのでストレスなく使用できます。自身の聞こえに骨伝導集音器が合うならば、補聴器代わりとして快適に聞こえをサポートしてくれることでしょう。

しかし、自分の聴力や難聴の種類によって骨伝導集音器で聞こえが改善できるかどうかは、検査をしなければ分からないことがあります。判断できない場合は、一度耳鼻科を受診してみてはいかがでしょうか。安全に快適に骨伝導集音器を補聴器代わりに利用し、日々の聞きとりづらさが払拭できれば毎日の生活も快適なものになりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次